『ニートのガラパゴス日本脱出日記』ははてなブログに移転しました
リンクやブックマークをされている方は変更をお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :

ドラゴンボールWH—7つの球をそろえし者よ、願いを言え

この記事は新ブログに焼き直し移転済みです :
ドラゴンボール畜(笑)—7つの球をそろえし者よ、願いを言え

 これまで、私はマジメに日本の労働環境を辛口批判するエントリーを書いてきたわけだが、ここらで脱力系のエントリーをお送りしたい。

このブログの戦闘力はマジュニアレベル!?

DRAGON BALL 完全版 12 (ジャンプ・コミックス)

このブログの戦闘力

307

「ピッコロ(マジュニア)」
クラスです。

by ブログ戦闘力チェッカー

 ブログのアクセス解析を見てみたら、「100% Pure NEET」というブログのいくつかのエントリーからリンクされていた。このエントリーによると、私のこのブログの戦闘力は307でマジュニアレベルらしい。うむ、悪くはない。マジュニアと言えば、アニメ『ドラゴンボール』で悟空に次いで2番目に強く、敵キャラで一番強いのだから。(笑)
 マジュニアと言っても、一般人に比べたらめちゃくちゃ強いわけだが、そのブログの作者たる私の戦闘力ならぬ労働力はいくらぐらいだろうか。職歴なし、コミュ力なし(いわゆるKY)、残業や休出を嫌がる私の日本での労働力は相当低いだろうな。おそらく「労働力たったの5、ゴミめ」で、『ドラゴンボールZ』の第1話で登場早々に殺されたおっさんのようになりそうだ。(笑)

 ドラゴンボールと聞いて、自作のショートストーリーを思い出したので、書いてみた。題して、『ドラゴンボールWH』。

ドラゴンボールWH

 あるアジアの途上国の村に、日本に憧れるボロをまとった貧しい1人の青年がいた。
 ある日、青年は道ばたで手のひらぐらいの大きさの球を見つけた。その球は、鈍いオレンジ色の光を放っており、中には星が4つ入っていた。その球を家に持ち帰った青年は、それが「ドラゴンボール」という球で、全部で7個あり、すべてそろえると、「神竜(シェンロン)」というドラゴンが現れて、どんな願いでも叶えてくれるという事実を知った。

 青年は、なけなしの金をすべてはたいて、ドラゴンボール探しの旅に出て、ついに7個すべてを集めることに成功した。
「出でよ神竜、そして願いをかなえたまえ」
 青年が叫ぶと、辺りは暗くなり、ドラゴンボールが激しく光り出し、青年の目の前に巨大なドラゴンが姿を現した。
「さあ、願いを言え。どんな願いでも2つだけかなえてやろう」
「神竜、オレを日本人にしてくれよ」
「それはたやすい願いだ」

 ボロをまとったその青年の姿は、次の瞬間、立派なスーツを身を包み、手には日本のパスポートが握られ、すっかり日本人になっていた。青年は舞い上がって、喜んだ。
「やった。これでオレも日本人だ。あの安全で、食べ物が旨くて、ハイテクの先進国・日本でずっと暮らせるんだ。」

「さあ、2つ目の願いを言え」
青年はちょっと考え込んで、こう叫んだ。
「神竜、オレはもう働きたくないな。オレを働かなくてもすむようにしてくれよ」
「それはたやすい願いだ」

 次の瞬間、青年はボロをまとった元の貧しい青年の姿に戻っていた。
「願いはかなえてやった。さらばだ」
 まばゆい光とともに、神竜は消え、ドラゴンボールは石になって世界中に飛び散った。(完)

日本人は誇り高き労働民族だ

 働き過ぎの日本人をドラゴンボールを題材にしたジョークだ。過労死という言葉が「カローシ」として英語にもなっているように、日本人の異常な働きっぷりは世界でも、結構知られている。

 作中では「動けないサイヤ人など必要ない」と言って、ベジータが仲間のナッパを殺してしまうシーンがあるが、これは「働けない日本人など必要ない」と言わんばかりに自殺する日本人の姿と重なる。
 海外では、日本人は実年齢より若く見られがちで、スーパーでアルコールを買うときや、パブやクラブに入るとき、身分証明書の提示を求められることは珍しくない。これも、「日本人は労働民族だ。労働のために若い時代が長いのだ」とすれば納得する。(笑)
 「サイヤ人は死の淵から立ち直るたびに強くなるのだ」とあるが、上司から大声で叱責され、客からは理不尽なクレームで罵倒され、連日連夜の残業で、身体的にも精神的にも追い詰められることで、日本人の労働力は上がっていくのだろう。(笑)

みんな、オラに元気を分けてくれ

 平均的なシャカイ人の労働力はフリーザ、社畜ならセル、大手ブラック企業の社畜ならブウ並の労働力がありそうだ。私みたいな「労働力5のゴミ」では、とても太刀打ちできない。(笑)

 原作では、ミスターサタンという世界的英雄がいて、彼の呼びかけで、世界中の人々が手を挙げて、元気玉に力を与え、魔人ブウを倒してハッピーエンドとなった。アニメやゲームでは、たった1人のヒーローが、仲間と協力して悪を打ち負かして世界を救うというのは王道だが、現実社会にそのような都合のよいヒーローなど存在しない。

 今の日本を変えるには、私たち1人1人が、私たちが置かれた現実を知り、どうすればよいのかを考え、建設的な議論をし、周りに惑わされることなく、信念と勇気をもって行動することだ。海外脱出することも、選挙権を放棄しないことも、その1つではないかと思う。私たちも悟空から、元気を分けてもらい、行動力に変えていこう。

トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

by ガラニート

ガラニート日本村社会に適応できないコミュ力(=KY力)なし・職歴なしのニート。日本のクソな労働環境や社会構造に嫌気がさして海外脱出。

検索

最新記事

全エントリーリスト

月別記事一覧

カテゴリ別記事一覧

最新トラックバック

リンク

Twitter

ブログランキング

人気ブログランキング FC2ブログランキング
にほんブログ村 就職バイトブログへ
クリックしていただけると幸いです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。