『ニートのガラパゴス日本脱出日記』ははてなブログに移転しました
リンクやブックマークをされている方は変更をお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :

時間にメリハリをつけ、三日坊主になることを避けよう

この記事は新ブログに焼き直し移転済みです :
腰が重い人に送る、大人になってからの勉強の取っかかり方

 正月は終わり、それに続いた週末も終わった。今日から仕事や学校が始まった人も多いだろう。新年は何かと目標を立てる人が多いが、気がついたときには挫折していたという人も少なくない。今回は、三日坊主になるのを避ける方法を書いてみた。

勉強することを習慣付けよう

 私は前回のエントリーで、目標を立てるときは10年先を見越して、明確な目的を持って立てるのがよいと書いた。また、挫折は自分の怠け心という感情に負けてしまった結果だとも書いた。実際のところ、自分の感情に打ち勝てるほど意志が強い人はそう多くはない。「禁煙するぞ」と言いながら、なかなか禁煙できない人が多いのと一緒だ。
 そこで、そんな自制心の弱い人にお勧めなのが習慣付けである。このブログは海外脱出ブログなので、海外脱出に不可欠な英語学習を例にとってみよう。

いきなりフルマラソンは無理、英語も一緒

 最近は全国各地で市民参加のフルマラソン大会が開催され、フルマラソン完走を目標に掲げる人も数多い。だが、アスリートでもない普通の人がいきなりフルマラソン完走なんてできるはずがない。中には、学校を卒業してから運動らしき運動を全然していないという人もいるだろう。そんな人が最初にすべきことは基礎体力作りだ。「明日から5kmランニングするぞ」と言っても普段から運動していなければ、5kmどころか、500mすら走れない。途中で足が痛くなって、息切れして、歩いてしまうだけであろう。
 私は、勉強も一緒だと思う。「毎日英語を30分勉強するぞ」といざ無理に机に向かっても、勉強する癖が付いていなければ、苦痛でしかなく、30分も経たないうちにPCやケータイを手に持っているのではないだろうか。

 多くのランニング本には、初心者はランニングではなく、ウォーキングから始めるべきだと書いてある。私は、勉強も一緒だと思う。最初は、3分間机に向かうことから始めよう。PCもケータイも閉じておき、ノートを広げペンを持ち、今日の日付を英語で書いてみるだけでもいい。それを1週間続けることができたなら、次に5分、10分、20分というように伸ばしていく。1ヵ月後には毎日1時間は机に向かって勉強することが日課のようになっている。そうやって、学生時代には当たり前だった毎日勉強する習慣を取り戻していこう。

 『脱社畜ブログ』の「効果が出やすい新年の目標の立て方」も参考になる。「毎日する」ではなく、「1年の5割できれば及第点、8割もできたら十分」と考えるのも悪くないだろう。

時間がなければ作ればよい—目的のないネット利用は控えめに

 「1日1時間の勉強なんて時間がないよ。SNSのチェックとか、ニュースのチェックとかしてるとそれだけで一日が終わる」という人もいるだろう。私は、目的のないネット利用は時間の無駄だと思っている。ネットを使うときは、明確な目的を持つように心がけてみてはどうだろうか。

 例えば、「○○という言葉の意味をネットで探す」「PCで○○のやり方をネットで調べる」といったように、必要なときだけネットを使うようにするのだ。使い終われば、さっさとブラウザを閉じる。ついでだからといって、掲示板(BBS)やSNSへはアクセスしないようにする。それらは、気が合う仲間同士の交流なだけに楽しいが、依存症に陥りやすいという罠もある。

 BBSやSNSなどの必然性の低いネット利用は、朝晩2回で30分ずつとか、電車での移動中のみとか、昼休みだけとかのようにして、時間にメリハリを付けることをおすすめしたい。

参考サイト

モチベーションアップに社畜関連記事の切り抜き

 モチベーションを維持するための方法も紹介しよう。このブログを見ている人は、サビ残や有給なしを平気で押しつけるブラック企業や、いつまでも変わろうとしない日本自体に憤りを感じている人も少なくないだろう。そんな日本に嫌気がさして海外脱出を図る人もいることと思う。

 そこで、「過労死」「過労自殺」「サービス残業」などの社畜関連記事を切り抜いて(新聞を取ってない人はネット記事をプリントアウト)、ベッドの近くに貼り付けておく。ビーチでバカンスを楽しんだり、幸せな家族生活を送ったりして、ワークライフバランスの取れた人生をイメージさせるような写真をネットからダウンロードして、プリントアウトして同じように貼り付けておくのもよい。さらに紙に「ブラック企業なんてクソ喰らえ!絶対に海外脱出してまっとうな人生にしてみせる」と書くのも悪くない。朝起きたときや、スランプに陥ったときに、それらを見ることでやる気を取り戻させてくれる。これは精神論ではなく、少なからず効果はある。

 継続は力なり。

トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

by ガラニート

ガラニート日本村社会に適応できないコミュ力(=KY力)なし・職歴なしのニート。日本のクソな労働環境や社会構造に嫌気がさして海外脱出。

検索

最新記事

全エントリーリスト

月別記事一覧

カテゴリ別記事一覧

最新トラックバック

リンク

Twitter

ブログランキング

人気ブログランキング FC2ブログランキング
にほんブログ村 就職バイトブログへ
クリックしていただけると幸いです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。