『ニートのガラパゴス日本脱出日記』ははてなブログに移転しました
リンクやブックマークをされている方は変更をお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :

残業代を払わないクソ企業の方こそが給料泥棒

この記事は新ブログに焼き直し移転済みです :
残業代を払わない企業の方こそが給料泥棒

 毎日新聞のサイトで、2人に1人が残業代が支払われていないという記事を目にした。日本のクソ労働環境でまかり通っている理不尽な行為の代表格とも言えるのがサービス残業と称したただ働きである。

労働者の過半数がサービス残業

 残業代を全額支払われているのは2人に1人—。労働問題のシンクタンク、連合総研の調査で、こんな残業事情が浮かんだ。
 調査はインターネットを使い、首都圏と関西圏の20〜64歳の民間企業労働者2000人から回答を得 た。残業手当が出る人で手当全額が支払われているのは46.9%。前年同時期の調査から8.9ポイント低下した。支払われる額の4〜6割が不払いは 5.5%▽2〜4割が5.3%などで、残業代が全く支払われていない人も6.3%いた。支払われているかどうか不明と答えた人も29%で、賃金がブラックボックス化している側面ものぞかせた。
 また、残業時間を申告していない不払い残業があるとした人は35.3%で、1カ月の平均時間は21.3時間になった。申告しなかった理由は、働いた時間通り申告しづらい雰囲気(36.3%)▽残業代に限度がある(24.2%)などが挙がっていた。連合総研は「残業代の不払いは違法行為だということを労使ともに認識することが重要だ」と話している。
毎日新聞 2012年11月05日 (引用元:毎日JPページ)

「ただ働き」を「サービス残業」と称して美化する日本

 海外には残業自体がまれである。当然、サービス残業など存在しない。サービス残業は、実質ただ働きなのだから、万一海外で残業代が支払われないという事態になれば、大規模なデモやストライキに発展するだろう。

 日本では、一般的に「サービス残業」(サビ残)と呼び名が定着しているが、それでは、まるで従業員が厚意で残業しているような印象がぬぐえない。「賃金不払い残業」、あるいはもっと短く「無賃残業」と呼べばよいではないか。立派な違法行為である「賃金不払い残業」を「サービス残業」などと響きのよい言葉に言い換えて、官公庁から民間企業に至るまで賃金不払い残業が常態化している日本を見ると、「空気を読め」「お上には黙って服従するのが美徳」という、いかにも日本的な考え方が見え隠れする。

残業代不払い企業よ、お前たちがしていることこそが「泥棒」だ

 資本主義において、雇用者と労働者の関係は、店舗での店員と客との関係と同じであると言えよう。資本主義とは何か、今一度おさらいしてみよう。広辞苑には以下のように記述してある。

しほん‐しゅぎ【資本主義】
(capitalism) 封建制下に現れ、産業革命によって確立した生産様式。商品生産が支配的な生産形態となっており、生産手段を所有する資本家階級が、自己の労働力以外に売るものをもたない労働者階級から労働力を商品として買い、それを使用して生産した剰余価値を利潤として手に入れる経済体制。
広辞苑 第六版 ©2008 株式会社岩波書店

 資本主義社会では、資本家たる企業(雇用者)は、労働者から、彼らの労働力を商品として買っているのである。企業と労働者の雇用契約が、一般商取引で言う売買契約に当たり、賃金が商品代金に当たる。

 例えば、スーパーで「お菓子を8個も買ったのだから、もう2個ぐらいサービスしてもらって当然だ」と主張して、商品を勝手に持ち出すことが許されるであろうか。たとえ10円のガムであっても、代金を支払わずに、店を出れば万引き(窃盗)にあたり、立派な刑法違反の犯罪行為である。「家計が厳しい」「それぐらい大目に見てよ」などという言い訳なんて通用するはずがない。物を盗むのがいけないことは幼稚園児でも知っている常識ではないか。
 だが、こういった非常識かつ違法行為が平然とまかり通っているのが、日本のねじ曲がったクソ労働環境なのだ。企業が労働者に、労働の対価として支払うべき賃金を支払わないというのは、いわば「労働者から労働力という商品の万引き(窃盗)」に等しい行為だ。労働基準法に違反する立派な犯罪行為である。違反者に科せられるのは6ヵ月以下の懲役か、30万円以下の罰金だ。
 社畜は、なかなか成果を上げない社員のことを「給料泥棒」と卑下しているが、法律で定められている残業代を支払わない企業の方こそが、社員の賃金を盗んでいる「給料泥棒」と呼ぶにふさわしい。

 1分の遅刻でも、「遅刻するとは社会人としてあるまじき行為」などと言って、その分は賃金から差し引くくせに、残業代はあれやこれやと難癖つけて支払わない。これは、社畜が大嫌いな「権利は主張するのに、義務は果たさない」の典型だぞ。

トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

by ガラニート

ガラニート日本村社会に適応できないコミュ力(=KY力)なし・職歴なしのニート。日本のクソな労働環境や社会構造に嫌気がさして海外脱出。

検索

最新記事

全エントリーリスト

月別記事一覧

カテゴリ別記事一覧

最新トラックバック

リンク

Twitter

ブログランキング

人気ブログランキング FC2ブログランキング
にほんブログ村 就職バイトブログへ
クリックしていただけると幸いです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。