『ニートのガラパゴス日本脱出日記』ははてなブログに移転しました
リンクやブックマークをされている方は変更をお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「異」を許さない日本的協調性とお互い助け合う海外の協調性

この記事は新ブログに焼き直し移転済みです :
「異」を許さない日本の協調性とお互い助け合う海外の協調性

 社畜が好きこのんでよく使う言葉に「協調性」というものがある。ところが、この協調性という言葉が、日本と海外では解釈の仕方が異なっているようにみえる。

協調性ってそもそも何?

 協調性という言葉を辞書で調べてみた。広辞苑には「周囲の人とうまく協調できる性質」とあったので、さらに協調という言葉を調べてみたら、次のように書いてあった。

きょう‐ちょう【協調】
(協同調和の意)
(1)利害の対立する者同士がおだやかに相互間の問題を解決しようとすること。「労資―」「国際―」
(2)性格や意見の異なった者同士が互いにゆずり合って調和をはかること。「―性に欠ける」
(3)〔生〕生体を構成する諸部分が相互に調整を保った活動をすること。共調。
広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店

 ところが、社畜がよくいう協調性は、上記のいずれにも当てはまらない。社畜のいう協調性とは「少数派が有無を言わず、おとなしく空気を読んで多数派に従う性質」である。つまり、「協調性=付和雷同性」であり、他人に協調性を求めることは、ただの同調圧力に他ならない。

 PCで独自形式の履歴書を作成したら「協調性がない」、自分の仕事をがんばって定時までに終わらせて上司より先に帰ったら「協調性がない」、会社の飲み会に参加しなかったら「協調性がない」、会議のような議論する場所で多数派に反対する意見を述べたら「協調性がない」などなど日本的協調性の例を挙げると、枚挙に暇がない。

 慣習に従わない人や反対意見を言う人などの、少数派や一匹狼を非難するための言葉が「協調性がない」だろう。この「協調性がない」を若者言葉で言っているのが「空気読めない」(KY)である。

海外で見た本来の意味での協調性

 海外の職場では連日定時退社・休日出勤なし・有給完全消化が一般的となっているが、残業がまったくないわけではない。一例を挙げよう。

 あるクリスマス前の日のことだ。私が、Amazonで注文した商品が、いつまでたっても届かない。追跡番号で、配送業者のサイトからトラッキングしてみると、集配所で止まったままだ。その上にお知らせページへのリンクがあって、見てみると「大雪のため、配送が遅れています。クリスマスまでにお届けできるようにスタッフ一同最善を尽くします。」とあった。

 この時は、クリスマスまで1週間しかなく、臨時スタッフを雇う時間的余裕など存在しなかっただろう。おそらく残業や休日出勤が行われていたであろうし、従業員の多くが時間外労働に協力したであろうことは容易に想像がつく。当然、残業が嫌な人もいたことだろう。だが、多くの従業員は次のように考えたはず。

 「クリスマスまでに荷物を届けることはできなくなれば、多くの消費者はがっかりし、苦情がAmazonにも殺到する。そうなれば、大口取引先であるAmazonに契約を打ち切られ、売り上げにも大きな影響が出るだろう。その結果、従業員の減給や解雇をしなければならない可能性がある。」
 「自分が子を持つ親だったら、年に一度の特別な日に、子供たちが悲しむ顔を見たくない。」

 このケースでは「仕事」と「プライベート」という利害が対立したが、仕事を優先した方が、結果として自分にとって利益になる(不利益を被らない)と考え、多くの従業員が残業に協力したのではないか。

 ちなみに、海外で残業が発生するのは、このように例外的なだけで、日本みたいに残業が常態化しているなんてことはない。

 「必要なときには、団結して力を合わせる」これこそが、世界共通の協調性の考え方である。ところが、日本の協調性はガラパゴス化していて、「俺達が苦労しているのに、お前だけ楽しているのは許せない」のように単なる足の引っ張り合いになっているだけである。このことが、前回のエントリーで取り上げた「病気でも休めない日本社会」を生み出しているのではないか。

国際的協調性ゼロの日本企業

 社畜は何かにつけて協調性協調性とバカの一つ覚えみたいに連呼するが、それなら日本的解釈の「協調性」という言葉を使って、社畜に言ってやるよ。

 サービス残業や有給なしを平気で強要するお前らクソ企業の方が、よっぽど国際的協調性が欠けているよ。そんな企業が、「これからはグローバリゼーションの時代だ」などと言って、「TOEICスコアxxx点以上」を社員や新卒に求めたり、公用語を英語にしたりする姿は非常にこっけいだ。社畜が、(日本的な意味での)協調性に欠ける人と働きたくないように、外国人も国際的協調性に欠け、まともな労働環境を提供しない日本企業なんかで働きたがらないから。(笑)

皆勤賞にみる「病気でも頑張る=善」「休む=悪」な日本

この記事は新ブログに焼き直し移転済みです :
休むこと=悪と見なす日本社会がみんなを不幸にする

 2週間ぶりのクソ仕事関連のエントリーとなる今回は、「休むこと」について。先日発表された今年の漢字が「金」に決まったそうだが、世界から見れば間違いなく「働」だろうな。(笑)

今年もぶっちぎりで世界最低水準の有休消化日数

 米国の大手旅行会社「エクスペディア」の「有給休暇国際比較調査2012」によると、日本人の有給消化率・消化日数ともに最下位で、38%で5日だそうだ。

 日本と同じマジメな国民性で知られるドイツですら有休消化率は95%で28日。まるまる使ったら、1ヵ月半という学生並の夏休みを取ることも可能だ。日本はたったの5日なのだが、実際はやむを得ない理由で使っている人が多いだろう。

日本になくて海外にあるもの—「有給病欠」

 海外には ‘Sick Leave’ という有給扱いの病欠休暇がある。これは、本来の有給とは無関係に与えられるので、「朝起きたら微熱があった」といった場合は、この制度を使って休む。与えられる日数や条件は国や会社によって異なるが、家族が病気の場合でも使え、数日程度なら医師の診断書が不要なのが一般的だ。
 日本ってそんな制度あったっけ?聞いたこともないって人が多いのではないかと思う。日本では、病気になっても、有給から消化していくしかないのが現状ではないだろうか。病気に有給を使えるならまだいい方で、会社によっては「有給申請は2週間前から」といって、無給の欠勤扱いにする場合も少なくない。

 病気で休む場合も、「自分が休むことで、会社や同僚に多大な迷惑をかけている」と自責の念にかられながら休まなければならない。遊ぶために有休を取るなんて「社会」をなめた行為でもってのほかというのが日本人の考え方なのだろう。
 遊びで有給取ったら「社会人としてなっとらん」、病気で有給取ったら「体調管理がなっとらん」って怒られる。ブラック企業だったら、病気になっても一日分の給料を上回るタクシー代を払ってまで、出勤しなければクビになる。そんな国、世界のどこにもないから。日本を除いてはね。(参考:同僚が休んでも「仕方ない」と思える発熱は「37.9度以上」)

 そこまでして優先しなければならない仕事って何。ああ救世主なる仕事様ですか。労働教の教義に「労働教信者は一日にして休むべからず」とでも書いてあるんだろうな。(笑)

子供の頃から皆勤賞?

 「休んではいけない」という労働教の教義は、実は子供の頃から仕込まれている。幼稚園から「皆勤賞」なる賞まで用意して、「休まずに頑張ることは偉い」という考え方を子供に植え付けているのだ。小学生に上がったら、
「社会に出たら、少々の熱があっても会社に行かないといけないんだぞ」
「社会に出たら、夏休みなんてないんだぞ」
「1日休んだらそのぶん勉強が遅れるでしょ。クラスメートや先生にも迷惑がかかるんだから、学校に行きなさい」
のようなことを親や先生から言われ、いかに休むことがいけないことかを教え込まれたのではないだろうか。

 さらにTVCMでは、栄養剤を飲んで仕事に励んだり、風邪薬を飲んで出勤する姿を「あれこそがシャカイ人の鏡だ。かっこいい」と言わんばかりに放送して、休まず頑張る姿を美化する始末。

 日本人は、このようにして労働教に毒されていくのある。もう異常としか言いようがない。

休むこと=悪と見なす風習がみんなを不幸にする

 社畜は、「少々の風邪でも出勤するのが社会人としての常識だ」と言うが、海外では風邪の場合は休むのが常識であり、人としてのマナーだ。私が考える理由は以下の3点である。

  • 集中力は、普段より確実に落ちている。その結果、ミスが増えたり、作業効率が落ちたりして、生産性が落ちる。機械操作を伴う仕事ならば、重大事故の引き金にもなりかねない。
  • 混雑した電車・バスの車内や職場で他人にうつす危険性がある。
  • 無理しても、こじらせるか、症状を悪化させるだけ。軽い風邪ならば、1〜2日安静にしていれば治る。

 休むほどの病気ではなく、体調に異変を感じているが、仕事が忙しく病院に行く暇がないっといったケースも少なくないだろう。万一、大きな病気の前兆であっても、早期であれば大事に至らなくてすむケースが多い。放置していれば、その間にも症状が悪化し、ある日突然倒れ、救急車で搬送されるということも考えられる。最悪の結果が過労死といえよう。
 救急車の出動費も、医療費も、すべて国民の税金からまかなわれている。「休むことを悪と見なす」日本の悪習が、大きな社会的損失をもたらし、結果として私たち全員を不幸にしているのだ。

 ちなみに日本の労働生産性は、OECD平均を10%下回っており、先進国の中では最下位という事実もある。サービス残業が蔓延し、多くの労働者が有給捨ててまで働いているのに、生産性が低いということは、カンニングまでしたガリ勉君の試験結果が、平均点より低いのと同じではないか。

 日本人よ、もっと合理的になろうよ。人間は機械ではないのだ。

自民党圧勝にみる民主主義が自殺する日

 当初の予想通り、自民党が圧勝して、自公合わせて325議席取得するという事態になってしまった。投票率が戦後最低の低さから、有権者が政治不信に陥り、「どの党にいれても一緒」と棄権したのではないかとも思わせる。

愚が勝った今回の衆院選

 民主主義の蔑称を衆愚政治という。多数の愚か者による政治という意味である。議会制民主主義の特徴は、金持ちも貧乏人も、頭のいい人も悪いひとも、一票を平等に持っていることだ。ところが、人口に占める頭のいい人(高学歴・高所得)の割合は極めて少ない。平たく言えば、有権者の大半は「凡人」ということだ。経済・金融や立憲主義のイロハも知らない素人が政治家を選ぶため、政治家は有権者の顔色を常にうかがう必要がある。必然的に、少数の賢者の声よりも、大多数の愚者の声が尊重される。これが衆愚政治と呼ばれるゆえんである。

右傾化する日本

 格差が広がり、低所得者層が増えてくればどうなるであろうか。国の9割の富を1割の人が占め、残り1割の富を9割の人で分かち合う自体になれば、
「俺達が貧しいのに、あいつらは贅沢三昧だ」
「金持ちから税金をもっともっと取って、俺達に回せ」
という声が大きくなるだろう。二大政党制が機能していると、こういう場合は、リベラルと呼ばれる左派が勝つ。リベラルは、大きな政府を標榜し、高負担高福祉や富の再分配で格差の是正を図る。'09年の衆院選では、「国民の生活が第一」を標榜した民主党が、リベラルの受け皿となるはずだったが、連立を組んだ少数政党に振り回され、結果はご覧の有様だ。その反動が、今回の保守政党である自民党の圧勝へと導いた。
 普通、保守と呼ばれる右派は、低負担低福祉や市場主義を唱え、小さな政府を標榜する。ところが、自民党の場合は、高負担低福祉、立憲主義無視の改憲案、近隣諸国との関係悪化などトンデモ政府になろうとしている。この国は一体どこにむかうのだろうか。

民主主義の自殺

 民主主義とは、国民が主体となって国家を運営する政治形態である。そのためには、自由な意見交換が不可欠だ。ゆえに憲法では言論の自由が保証されている。

 自民党の改憲案が、近代民主主義国家の大原則である立憲主義や天賦人権説を否定しているのは周知の通りだ。参議院というハードルがあるため、すぐに改憲がなされることはないだろう。だが、改憲案が衆参両院で可決され、国民投票となったとき、国民に判断する力があるのだろうか。世論を見ていると、国民の多くが、天賦人権説や立憲主義の本質を理解していないと思わざるを得ない。不気味な動きを見せる中国や北朝鮮情勢を踏まえ、「国防軍だ」「集団的自衛権だ」という世論が巻き起これば、そのまま改憲案が国民投票でも可決されるのではないか。

 民主主義的な手続きによって、「言論の自由」に制限を加える改憲案がなされ、それが国民投票の過半数の支持を得て、施行されたらどうなるのであろうか。これを民主主義の自殺とみることはできまいか。

 政府は、最高裁に違憲状態と判断された一票の格差問題を無視して、解散総選挙に踏み切った。これでは、政府は憲法の重みを過小評価していると見られても仕方がない。前のエントリーで書いたとおり、日本の人権意識は低い。改憲案が実現すれば、公の秩序という名のもとに、人権蹂躙が平然と行われるようになるのではないか。

民主主義の暴走を許した第二次世界大戦前のドイツ

 第二次世界大戦前のドイツは、ワイマール憲法という、当時としては極めて民主的な憲法を定めていた。ところが、ナチスの台頭を許してしまった。第一次世界大戦の多額の賠償金や世界恐慌による経済の沈滞、少数政党が乱立し、政権運営は不安定な状況であった。反ワイマール憲法を掲げる極右のナチ党がポピュリズムに訴え、ナチ党が政権を掌握していくことになる。

 今の日本は、どことなく当時のドイツを思わせる。GDPの2倍もの債務残高、金融危機以降の経済停滞、少数政党の乱立した衆院選、天賦人権説を否定する自民党の異常な躍進などだ。もちろん、今の日本と当時のドイツが同じとは言えないが、どことなく似ているのは気のせいだろうか。

 ちなみに今のドイツでは、リアル・ネットを問わず、ハーケンクロイツを掲げたり、ナチスを礼賛したりすると、逮捕される。日本人は言論弾圧ではないかと思うだろうが、民主主義を自殺させてしまった歴史を持つドイツとしては、「自由を否定する自由は認めない」と戦う民主主義を標榜しているからだ。

 アジアはもちろん、欧米のメディアまでもが、日本の右傾化を本気で警戒している

 私は、日本が同じ道を歩まないことを願ってやまない。自民党には、多くの有権者が「自民党の政策に期待して」といった積極的理由で入れたのではないということを肝に銘じて、政権運営の臨んでもらいたい。

日本人にはまだ難しい民主主義・立憲主義・天賦人権説 (下)

 (前回のエントリーの続き) 前回のエントリーでは、民主主義がなぜ大事なのかをストーリー仕立てで取り上げた。このエントリーでは、日本の基本的人権の意識の低さを考察したい。

なぜ日本では基本的人権が軽視されているのか

 私は、欧米の民主主義が「勝ち取ったもの」であるのに対し、日本の民主主義は「与えられたもの」だからではないかと思っている。実際、自分が苦労して得た物と、タダで手に入れた物ではありがたみが違うだろう。「自由」や「平等」が、人類が長年の苦難を乗り越えて手に入れたことは前回のエントリーでも書いた通りだ。

 日本でも、明治時代初期に自由民権運動があったが鎮圧された。大日本帝国憲法(明治憲法)が制定されたが、それは国賦人権説に基づいており、基本的人権は制限されていた。
 その後、世界大戦へと進んでいくわけだが、戦況が激しさを増すにつれ、人権蹂躙も激しさを増した。政府に反対するものは誰でも逮捕でき、戦争反対とでも主張しようものなら、すぐに特別高等警察に逮捕された。国民の人権は大きく制限され、国家の暴走を許してしまった。

 戦後、日本を占領したGHQは、憲法の改正を命じた。ところが、日本政府は、国体護持にこだわり、民主的な憲法を作ろうとはしなかった。そこでGHQの側でも、新憲法の草案(マッカーサー草案)を作り、日本政府に提示した。日本政府は、GHQが出した草案を若干の手直しを経て、新憲法(日本国憲法)として公布した。おそらく、当時の日本の政治家には、天賦人権説という考えそのものがなかったのではないか。

日本の人権意識の低さが地位協定や犯罪人引き渡しの障害になっている

 以前にPC遠隔操作ウィルス事件があり、4人が誤認逮捕されるという事件があったのは記憶に新しいだろう。だが、問題点は、誤認逮捕そのものより、2人が虚偽の自白していたということだ。警察内部で人権を無視した取り調べが行われたことは、想像に難くない。
 日本国憲法が施行され65年が経つが、こういう事件を見ていると、日本では「公の秩序や公益>基本的人権」という図式が成り立っていることを否応なしに痛感させられる。

 最近、沖縄県で米兵による犯罪が立て続けに起きている。こういった事件が起きるたびに、取り上げられるのが地位協定だ。ところが、地位協定が改善される兆しは一向に見えない。ちなみに、韓米地位協定は改善され、起訴前の身柄引き渡しが改善されている。

 また、日本と犯罪人引き渡し条約を結んでいる国は、米国と韓国のたった2ヵ国である。これは世界的に見て極めて少ない。ちなみに、フランスは96ヵ国、米国は69ヵ国、韓国は25ヵ国だ。

 日本のような前近代的な基本的人権を無視した国に、自国民を引き渡したくない各国政府の思惑が見え隠れする。

欧米で見た民主主義という価値観

 うろ覚えで申し訳ないが、どこかのネット記事で耳にしたのを記憶している。それは、英国の首相がサッチャーだったころ、あるTV局が英国の有権者に取材したのだ。そのときのやりとりが以下の通りだったというのだ。

「サッチャーは好き?」
「大嫌いよ。もし隣に引っ越してきても絶対にうちには入れないわ」
「次の選挙では誰に投票する?」
「もちろん、サッチャーよ。私たち英国人は好き嫌いで選挙に投票するんじゃないの」

 英国の成熟した民主主義を見ると同時に、日本の民主主義の稚拙さを垣間見た。

日本が右傾化?

 WSJでアジア諸国はもちろん、欧米諸国までが日本の右傾化(保守化)を警戒しているという記事を見た。記事によると、日本のニュースはほとんど話題になることはないが、このニュースだけは非常に話題になっていたというのだ。

 私は、世界が日本の右傾化を警戒するのは、世界が北朝鮮の核開発やミサイル開発を警戒しているのと同じ理由だと思っている。
 先日、北朝鮮がロケットを打ち上げて、国際社会はそれを非難した。だが、韓国がロケットを打ち上げようとしても、誰も非難したり、制裁したりしようとしない。これは、北朝鮮のような独裁国家が、大量破壊兵器を持つことの危険性を各国が認識しているからに他ならない。
 自由主義が何たるか、民主主義が何たるか、その本質を理解していない政党が「自由民主」などと名乗り、立憲主義を無視した改憲案を掲げ、国民の大多数が、ポピュリズムでその政党を支持する、という今の日本の状態を、世界が危惧しているのではないだろうか。

 「北朝鮮と一緒にするな」って声が聞こえてきそうだが、日本は独裁国家とまではいかなくても、欧米からみれば、成熟した民主主義国家とはとても言えないのだ。日本人は反発するかもしれないが、これが現実である。

 日本人は集団主義といわれる。だが、集団主義では民主主義は機能しない。情報を鵜呑みにするのではなく、一人一人が自分の頭で考えて信念を持って行動すべきだ、と私は思う。

関連サイト

日本人にはまだ難しい民主主義・立憲主義・天賦人権説 (上)

この記事は新ブログに焼き直し移転済みです :
知っておきたい立憲主義と天賦人権説

 選挙特集の第5回(最終回)は、民主主義と立憲主義について書く。立憲主義を否定する自民党が圧勝の勢いだが、ここで最後の悪あがきをしてみる。
 残念なことに、天賦人権説や立憲主義を誤解している人が少なくないため、自民党に語りかける感じで、なるべく分かりやすくストーリー仕立てに説明してみた。

天賦人権説(あるいは自然権)の否定は何が問題なのか? (烏蛇ノート)」を読んでも理解できなかった人に

 あくまでも簡略化した例え話なので、重箱の隅をほじくるような批判はご容赦いただきたい。

むかしむかしあるところに

 誰の支配も及んでいない土地があり、小さな町があった。そこで、ある者は田畑を耕し、ある者は牛や馬を飼い、ある者は海で魚を捕り、そうやって人々は日々の糧を得ていた。
 その町には、市長さんのようなリーダーもいなければ、法律のようなルールもなかった。だからといって、無法地帯というわけでもなく、人々はおのおのの理性に従って行動していた。こういう状態を自然状態っていうんだ。(英国の哲学者ジョン・ロック)

 ところが、人口が増えたり、社会構造が複雑化したりしてくると、共通したルールがないゆえの問題がでてきた。例えば、土地をめぐる争いとか、物を盗んだ・盗んでないといったいざこざとか、誰が橋や道を造るのかとかね。

 そこで、人々は共通ルールが必要であると考え、法律というルールを作り、それに従って行動するようになった。この法律を作るところを立法府、この法律に基づいて仕事をする役所のことを行政府、争いごとを法律に基づいて判断してくれる裁判所を司法府っていう。さらに立法府、行政府と司法府のことをまとめて政府っていうんだ。大昔は、現在ほど厳密に立法・行政・司法に分かれていたわけじゃないけどね。

 これじゃ現在とほとんど変わりない。これで何もかもOK。全部うまくいくはず。憲法なんて必要ないのでは、と思うよね。

権力は暴走しやすいもの

 ところが、人間っていうのはそんなにかしこい生き物じゃない。最初は「世のため、人のため」と高い志を持っていても、よこしまな考えを抱くようになった。人間は誰でも自分がかわいいからね。
 えらい人たちが法律を作っているんだから、その人たちが、自分たちに好都合な法律を作り、自分たちに逆らうものはみんな捕まえるって法律を作ることも可能になっちゃうよね。それで、政府が暴走しちゃって、ひどい法律を作って、市民が苦しめられるっていうことがたびたび起こったんだ。拷問にかけられたり、差別されたり、政府を批判しただけで逮捕されたりね。

 政府っていうのは、自分たちの国をよくするために存在したはずのに、その政府が暴走して、人々を苦しめるようになるなんて、これじゃあ意味がないよね。

天賦人権説の誕生と市民革命

 やがて人々は、「同じ人間なのに、なぜ俺達は政府に苦しめられるんだ。政府は自分たちが権限を持っているのをいいことに好き放題やってる。人間は生まれながらに自由で平等ではないか」と考えるようになった。このような「人は生まれながらにして自由で平等」っていう考えを天賦人権説っていうんだ。18世紀頃から主張されはじめるようになった。

 そこで人々は「今の政府を倒して、俺達で新しい政府を作ろう」と考え、力を合わせて苦難の末、政府をやっつけたんだ。これを(市民)革命っていうんだ。政府を倒した人々は、新しい政府を作るに当たり、今度は政府が暴走しないように「政府をしばる法律も必要である」と考えた。この政府をしばる法律こそが憲法なんだ。

天賦人権説と立憲主義は世界普遍の価値観

 天賦人権説は西欧生まれだけど、今日では世界普遍の価値観になっているんだ。各国の憲法を見てみよう。

  • 日本国憲法 - 「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、…」
  • 合衆国憲法 - 「われら合衆国の国民は、より完全な連邦を形成し、…」
  • 大韓民国憲法 -「悠久の歴史と伝統に輝く我が大韓国民は、…」

 いずれも主語が国民になっているよね。憲法の中身も「国は〜してはならない」「国は〜しなければならない」というように、国がするべき義務や、国がしてはいけない禁止事項を定めているのが分かるよね。
 国民が主権を持って、国を統治する仕組みを民主主義をいう。憲法を作り、憲法に基づいて国が統治する仕組みを立憲主義という。これが、近代民主主義国家なんだよ。

日本国憲法第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

 もちろん、民主主義が完璧な統治システムではないし、欠点もある。だが、民主主義より良いシステムは存在しないんだ。英国の政治家のチャーチルは「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」と言ったんだよ。

(次回エントリーにつづく)

プロフィール

by ガラニート

ガラニート日本村社会に適応できないコミュ力(=KY力)なし・職歴なしのニート。日本のクソな労働環境や社会構造に嫌気がさして海外脱出。

検索

最新記事

全エントリーリスト

月別記事一覧

カテゴリ別記事一覧

最新トラックバック

リンク

Twitter

ブログランキング

人気ブログランキング FC2ブログランキング
にほんブログ村 就職バイトブログへ
クリックしていただけると幸いです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。